海外ドラマ

ウォーキング・デッド シーズン6の動画を1話から全話無料で視聴する方法

海外ドラマ
この記事は約4分で読めます。
海外ドラマ『ウォーキング・デッド』シーズン6(予告) 発売&レンタル中

「ウォーキング・デッド シーズン6」を視聴したい人のために、この作品の動画を配信しているVOD情報をまとめました。

無料で見る方法やキャスト情報や主題歌、実際に作品を視聴した人の感想も記載しているので、これから本作を視聴しようと思っている人の参考になれば幸いです。

「ウォーキング・デッド シーズン6」の動画を視聴する方法

「ウォーキング・デッド シーズン6」の動画は、動画配信サービスの「U-NEXT」で視聴可能!


U-NEXTは、月額1,990円で利用できるVODで、見放題+PPVの両方の作品を配信しています。

人気雑誌の電子書籍が読み放題、有料作品に使えるポイントが毎月1,200Pもらえるなどの特典が充実しており、初めての利用であれば31日間無料トライアル実施中!

「ウォーキング・デッド シーズン6」を1話から最終話まで全話視聴できるVOD情報

この情報は2019/12/20の情報を元に作成しています。現在は配信されていない可能性もあるので、最新の情報はVOD各社の公式サイトをご確認ください。
上記VODでは、初めての利用者向けに無料トライアルを提供しています。この期間内は、有料会員と同様にサービスを受けられ、対象の作品は見放題で視聴可能で、期間中に解約すれば料金は発生しません。これを上手く利用すれば、全話無料で視聴することが可能です。

一部VODでは、PPV(都度課金配信)、ゲオTVTSUTAYA TVに関しては、宅配レンタルの情報も含まれています。見放題ではない可能性もあるので、詳しくは各VODの最新配信状況をご確認ください。

「ウォーキング・デッド シーズン6」のあらすじ

リック達は、アレクサンドリア近くの採石場跡地で多数のウォーカーが塞き止められているが、限界が近いことを知る。ウォーカーを遠くへ誘導しようとするが、町は強盗集団の襲撃に遭い辛くも撃退する。誘導役のダリルはドワイトのグループに襲われ、バイクなどを奪われ逃げられる。サシャやエイブラハムと合流して戻る途中にニーガンの部下だと言う一団に襲われるも、ロケット弾で一掃する。

>引用元URL

「ウォーキング・デッド シーズン6」のキャスト

役名俳優名
リック・グリムスアンドリュー・リンカーン
ダリル・ディクソンノーマン・リーダス
カール・グリムスチャンドラー・リッグス
ミショーンダナイ・グリラ
グレンスティーブン・ユァン
マギーローレン・コーハン
キャロルメリッサ・ マクブライド
モーガンレニー・ジェームズ

「ウォーキング・デッド シーズン6」を視聴した人の感想


このシーズン6は衝撃的な事の連続に次ぐ連続でした。見どころ満載のシーズンで、何と言っても死んでしまったー!(号泣)と思っていたグレンが生きていて、イーニッドと共にアレクサンドリアに戻ってきて最愛の身重の妻・マギーと再会できたのは最高でしたし、これまた死んでしまった!?と思ったカールが片目を失いつつも生きていたりとドキドキハラハラがノンストップ。しかし、個人的に一番の衝撃だったのはリックとミショーンがくっついた事でしょうか。大汗。エイブラハムとサシャも何だかなぁ・・・と思いましたが、それ以上に何だかなぁ・・・だったのがリックとミショーン。かなり無理があるくっつけ方だな・・・と思ったのは私だけではないはず・・・。


アレクサンドリアに大量のウォーカーが襲ってきたり新しくすごく残忍な敵であるニーガンが登場するなどシーズン6は世界観が大きく変わったようで楽しめました。シーズン1の最初でリックの命を救ってくれたモーガンが再登場して、4話ではモーガンがリックと別れた後何があったのか詳しく語られていたのは嬉しかったです。アレクサンドリアでのウォーカーとの戦いは、今までにないウォーカーの数に迫力があって、特にリックたちがウォーカーの血を体に付けてゆっくりと歩くシーンは手に汗握る展開でした。最終話のラストは「誰?誰がやられたの?」と続きがとても気になってしまいました。


シーズン6前半は最初から今までにないくらいの大量のウォーカーが登場でいきなり大ピンチでビビりました。そしてなんといってもシーズン1第1話からの超主要キャラのグレンがついに!!序盤からハラハラの連続でした。途中でモーガンの過去のエピソードなども語られるのでやや展開は遅いと思ってたら最後に超強力敵キャラニーガン&ルシールが登場。いきなりぶっ飛んでてかなり魅力的な敵です。こんな個性的な敵キャラは総督いらいですね
そして衝撃の最終回。いったいやられたのは誰なのか?グレン?エイブラハムかも?まさかのダリル?
今までも屈指の続きが気になる終わり方でした。