アニメ 映画

劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人の動画を1話から全話無料で視聴する方法

アニメ
この記事は約5分で読めます。
『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』本予告

「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」を視聴したい人のために、この作品の動画を配信しているVOD情報をまとめました。

無料で見る方法やキャスト情報や主題歌、実際に作品を視聴した人の感想も記載しているので、これから本作を視聴しようと思っている人の参考になれば幸いです。

「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」の動画を視聴する方法

「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」の動画は、動画配信サービスの「U-NEXT」で視聴可能!


U-NEXTは、月額1,990円で利用できるVODで、見放題+PPVの両方の作品を配信しています。

人気雑誌の電子書籍が読み放題、有料作品に使えるポイントが毎月1,200Pもらえるなどの特典が充実しており、初めての利用であれば31日間無料トライアル実施中!

「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」を1話から最終話まで全話視聴できるVOD情報

この情報は2019/12/20の情報を元に作成しています。現在は配信されていない可能性もあるので、最新の情報はVOD各社の公式サイトをご確認ください。
上記VODでは、初めての利用者向けに無料トライアルを提供しています。この期間内は、有料会員と同様にサービスを受けられ、対象の作品は見放題で視聴可能で、期間中に解約すれば料金は発生しません。これを上手く利用すれば、全話無料で視聴することが可能です。

一部VODでは、PPV(都度課金配信)、ゲオTVTSUTAYA TVに関しては、宅配レンタルの情報も含まれています。見放題ではない可能性もあるので、詳しくは各VODの最新配信状況をご確認ください。

「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」のあらすじ

いまだ人と、人ならざるものの世界が、分かたれてはいなかった時代。かつて王国には七つの大罪と呼ばれる七人の凶悪な大罪人から結成された王国最強最悪の騎士団があった。

10年前、王国転覆を策略した疑いで、王国の全聖騎士の総攻撃に遭った七つの大罪はちりぢりになり、現在でも指名手配を受けている。

今もなお執拗にそのお尋ね者を追うのは、王国の要・聖騎士たち。

英雄とも称される聖騎士がクーデーターをお越し、本来守るべきであるはずの王国に戦をもたらそうとしている。しかも、一般人を巻き込んだ悪質な形で…。

>引用元URL

「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」のキャスト

キャラ名声優名
メリオダス梶裕貴
エリザベス雨宮天
ホーク久野美咲
ディアンヌ悠木碧
バン鈴木達央
キング福山潤
ゴウセル高木裕平
マーリン坂本真綾
エスカノール杉田智和
ソラーダ代永翼
エルラッテ戸松遥
バネス鈴木れい子
ゾリア大塚明夫
ベルリオン森川智之
ガラ日笠陽子
ダハーカ櫻井トオル
デロッキオ天田益男
アトラ黒田崇矢
パンプシルクロードステークス

「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」の公式サイト&SNS

「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」を視聴した人の感想

このシリーズの本編とはストーリーが違い、メリオダスが天空に向かうため池に飛び込むシーンの情景の絵がとても綺麗です。天空に住む人々の背中に翼が生えている設定もエリザベスの過去とつながる話かなと思いながら見ることができます。

物語の鍵としてホークが祀られていることもこの作品のファンとしては、作者のユーモアも感じやはりなというような印象を受けました。

ソラーダとメリオダスがそっくりなことがわかるシーンは面白かったが、よくある設定であるなという印象が強くソラーダが強くなる話があればもっと面白かったと思います。

ベルリオンがメリオダスのことをわからないという設定はなぜ?という正直な感想が作品を見ながら思いました。
総じて、本編の伏線になる話を盛り込みながら全キャラクターがより活躍するシーンが欲しかったなという作品です。


全く新しいストーリーということでファンとして期待していました。この作品は映像や戦闘シーンなどは高度なレベルだと思いました。また新しい要素として天空宮や黒の六騎士などが出てきて興奮できました。

展開としてはメリオダスのようなキャラクターのソラーダが出てきて、そこから話がより壮大になっていったような気がします。天空宮にメリオダスが行くので、大まかな部分で他の七つの大罪はあまり活躍しなかったです。

またメリオダスとソラーダの周りで勘違いが起こって、その展開が続くので少し退屈だと感じました。この二人が重要人物ですが活かしきれてないと感じました。
好きな作品の映画だったので映像は楽しめたと思います。前述した消化不良もありましたがファンとして満足できました。


七つの大罪メンバー全員の登場と、劇場版オリジナルキャラクターのバトルシーンは、テレビ放送版と同じかそれ以上の格好良さがありました。

十戒も一目おく敵が相手、と言う割には敵が弱すぎる印象がありましたが、仲間と敵が多く登場する少年漫画作品の劇場版では敵との戦闘に割く時間がなく、あっさりと決着がついてしまうのは珍しく無いため仕方がないのかな、と感じました。メ

リオダス達の設定的にも、本編でもっと強くてもいいのでは?と感じることがあったので、これはこれでいいのかも、とも思います。ストーリーや展開、演出自体は文句なしに満足です。

メリオダス達の圧倒的な強さも含め、王道少年ファンタジー漫画作品といった雰囲気で楽しめました。


かなり不満が残る映画でした。特に主人公メリオダスが対魔人用の剣に貫かれたときの団員の行動がいまいちピンときませんでした。原作やTVアニメ版では、団長が死にかけたときにはあんなに悲しみ怒りを露わにしていたのに…と疑問に感じます。

また、七つの大罪団員やヒロインのキャラクターはとても良かったですが、映画オリジナルのキャラクターは魅力に乏しかったです。特に重要な悪役がどこかで見たような二番煎じの造形でがっかりしました。真の十戒を語る割にそんなに特別な能力はありませんでしたし…。

良い点を挙げるのでしたら、戦闘シーンです。各団員の見せ場が必ずあり、特に最後に合技はとてもかっこよかったです。

各キャラや設定の詳しい説明はないので、原作やTVアニメを観た人向けの映画です。しかし、この作品が好きな人にはツッコミや不満が多い内容ですので、結局どんな層向けに作ったのか分からない作品でした。

「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」の主題歌&挿入歌情報

空扉 – 乃木坂46