アニメ

あらいぐまラスカルの動画を1話から全話無料で視聴する方法

アニメ
この記事は約4分で読めます。
あらいぐまラスカル 第1話「黒いマスクの可愛いやつ」

「あらいぐまラスカル」を視聴したい人のために、この作品の動画を配信しているVOD情報をまとめました。

無料で見る方法やキャスト情報や主題歌、実際に作品を視聴した人の感想も記載しているので、これから本作を視聴しようと思っている人の参考になれば幸いです。

「あらいぐまラスカル」の動画を視聴する方法

「あらいぐまラスカル」の動画は、動画配信サービスの「U-NEXT」で視聴可能!


U-NEXTは、月額1,990円で利用できるVODで、見放題+PPVの両方の作品を配信しています。

人気雑誌の電子書籍が読み放題、有料作品に使えるポイントが毎月1,200Pもらえるなどの特典が充実しており、初めての利用であれば31日間無料トライアル実施中!

「あらいぐまラスカル」を1話から最終話まで全話視聴できるVOD情報

この情報は2019/12/20の情報を元に作成しています。現在は配信されていない可能性もあるので、最新の情報はVOD各社の公式サイトをご確認ください。
上記VODでは、初めての利用者向けに無料トライアルを提供しています。この期間内は、有料会員と同様にサービスを受けられ、対象の作品は見放題で視聴可能で、期間中に解約すれば料金は発生しません。これを上手く利用すれば、全話無料で視聴することが可能です。

一部VODでは、PPV(都度課金配信)、ゲオTVTSUTAYA TVに関しては、宅配レンタルの情報も含まれています。見放題ではない可能性もあるので、詳しくは各VODの最新配信状況をご確認ください。

「あらいぐまラスカル」のエピソード一覧

話数エピソードタイトル
第1話黒いマスクの可愛いやつ
第2話ぼくの新しい友達
第3話友情
第4話ミルウォーキーのお月さま
第5話オスカーへの贈り物
第6話さようならスカンクたち
第7話馬と自動車はどちらが速いか
第8話蛙とボクシング
第9話お母さんの帰宅
第10話はじめての探検
第11話消えた角砂糖
第12話本と1セント銅貨
第13話夏休みの第一日
第14話母のない子
第15話アリスと友達になれたらなあ
第16話楽しいパーティの夜
第17話ラスカルの冒険
第18話森で会った不思議な青年
第19話ラスカルとトウモロコシ
第20話スターリングの悲しみ
第21話あぶないラスカル
第22話森と湖と動物たち
第23話カールの災難
第24話走れ走れぼくらのカヌー
第25話森で見つけた仔鹿
第26話森と湖の夏まつり
第27話首わと皮ひも
第28話檻の中
第29話星空をとぼう
第30話ケチケチするな
第31話花火のあがる日
第32話わたり鳥の帰るころ
第33話ドニイブルックの勝利
第34話いじわるな手紙
第35話カールとフローラ
第36話待っていた老人
第37話朝の乳しぼり
第38話素敵なおもいで
第39話忘れられた誕生日
第40話初雪の夜
第41話めずらしい患者
第42話もうすぐクリスマス
第43話すばらしい贈り物
第44話氷の上の戦い
第45話お母さんの平手うち
第46話お父さんのさびしい顔
第47話立ちあがった仔牛
第48話じゃじゃ馬ならし
第49話雪の家
第50話カヌーの進水式
第51話残された一週間
第52話別れと出発の時

「あらいぐまラスカル」のあらすじ

アメリカ・ウィスコンシン州のブレールスフォードに住むスターリングは、ある日ウェントワースの森の中で母親を失くしたばかりのかわいらしいあらいぐまの赤ちゃんを拾う。動物好きなスターリングは、その日からあらいぐまをラスカルと名づけて育てることにした。ラスカルは順調に成長しいつもスターリングと一緒に過ごしていたが、ある日とうもろこしの味を覚えたせいで、毎晩のように畑を荒らすようになってしまう。このことから、スターリングは自然の動物との共存の難しさを知り、また父ウィラードの事業の失敗や母エリザベスの死などの出来事を経験して少しずつ大人へと成長していく。そして、スターリングはラスカルを深い森に返し、自分も友人たちに別れを告げてふるさとを後にするのだった。

>引用元URL

「あらいぐまラスカル」のキャスト

キャラクター名声優名
スターリング・ノース内海敏彦
ラスカル野沢雅子
ウィラード・ノース山内雅人
オスカー・サンダーランド鹿股裕司
アリス・スティーブンソン冨永美子、冨永みーな
サラ・エリザベス・ネルソン・ノース香椎くに子
セオドラ・モード松尾佳子
ジェシカ・ノース芳賀みちる
アーサー桑原たけし
ハケット麻生美代子
ハーマン・サンダーランド石森達幸
グレタ・サンダーランド野沢雅子

「あらいぐまラスカル」の公式サイト&SNS

「あらいぐまラスカル」の主題歌&挿入歌情報

ロックリバーへ – 大杉久美子