アニメ 映画

劇場版 ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツの動画を1話から全話無料で視聴する方法

アニメ
この記事は約5分で読めます。
YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

「劇場版 ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ」を視聴したい人のために、この作品の動画を配信しているVOD情報をまとめました。

無料で見る方法やキャスト情報や主題歌、実際に作品を視聴した人の感想も記載しているので、これから本作を視聴しようと思っている人の参考になれば幸いです。

「劇場版 ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ」の動画を視聴する方法

「劇場版 ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ」の動画は、動画配信サービスの「U-NEXT」で視聴可能!


U-NEXTは、月額1,990円で利用できるVODで、見放題+PPVの両方の作品を配信しています。

人気雑誌の電子書籍が読み放題、有料作品に使えるポイントが毎月1,200Pもらえるなどの特典が充実しており、初めての利用であれば31日間無料トライアル実施中!

「劇場版 ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ」を1話から最終話まで全話視聴できるVOD情報

この情報は2019/12/20の情報を元に作成しています。現在は配信されていない可能性もあるので、最新の情報はVOD各社の公式サイトをご確認ください。
上記VODでは、初めての利用者向けに無料トライアルを提供しています。この期間内は、有料会員と同様にサービスを受けられ、対象の作品は見放題で視聴可能で、期間中に解約すれば料金は発生しません。これを上手く利用すれば、全話無料で視聴することが可能です。

一部VODでは、PPV(都度課金配信)、ゲオTVTSUTAYA TVに関しては、宅配レンタルの情報も含まれています。見放題ではない可能性もあるので、詳しくは各VODの最新配信状況をご確認ください。

「劇場版 ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ」のあらすじ

悪の天才科学者Dr.ウィローの助手であるDr.コーチンはドラゴンボールを集め、永久氷壁の中からDr.ウィローを50年ぶりにこの世に蘇らせた。頭脳のみの存在であるDr.ウィローは、地上で最も強い人間の肉体を求めていた。彼は武術の神様と謳われた亀仙人こと武天老師に目を付け、自身が造った3体の凶暴戦士を亀仙人と戦わせた。ウーロンの頼みを受けて、危機に駆けつけた悟空たちの前に立ち塞がったのは、凶暴戦士たち、そして洗脳されたピッコロだった。悟空とピッコロの戦いを静観するDr.ウィローは、その戦闘力の高さを瞬時に見抜き、悟空の体を欲するようになる。

>引用元URL

「劇場版 ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ」のキャスト

キャラクター名声優名
孫悟空、孫悟飯 野沢雅子
ピッコロ 古川登志夫
クリリン 田中真弓
ブルマ 鶴ひろみ
亀仙人 宮内幸平
チチ 荘真由美
ウーロン 龍田直樹
神龍 内海賢二
Dr.コーチン 矢田耕司
キシーメ 岸野幸正
エビフリャー 山口健
ミソカッツン、ウミガメ 郷里大輔
Dr.ウィロー 中田浩二

「劇場版 ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ」を視聴した人の感想

この作品を見て良いと思ったのはこの時点では完全に戦力外になっていた亀仙人にスポットが当たったのが良かったです。

しっかり武道の神様という設定が活かされているのが最高に燃えました。また、戦闘力が130くらいでもそれなりに強そうに描いているのも良かったです。ただ、中盤になるとドクターウィロー達が作った改造人間と戦わされてあっけなくやられるのが分かっていてもかなり悲しかったです。

あくまで亀仙人がきっかけでメインは悟空なのでそこは仕方ないと思いながらも世界最強の男と勘違いされて連れてこられてあっけなく倒されたのはちょっとどうかと思いました。

ですが、悟空とクリリンと亀仙人が一緒にかめはめ波を撃つシーンはなかなかレアで好きです。


1990年3月に公開されたこの作品の悟空は、着ている胴着の胸には亀マーク、背中には界王のマークが描かれています。このことから、この激情版のストーリーは、TV放送でのベジータの地球来襲と、悟空のナメック星到着の間にあった内容であります。

しかし、その場合、ゴハンはナメック星で戦闘をしているはずですが、映画ではなぜかウーロンとドラゴンボールを探していたりしますので、激情版だからできたミステリアスなシチュエーションになります。

そういった時系列が気にならない方でありましたら、十分に作品を楽しむことができます。50年ぶりに復活したドクターウイローは非常に強く、ゴハンを助けて捕まったピッコロはどうなるのか?見所満載のZになりたての劇場版作品であります。


この作品は科学者が登場するため、そういったところで面白いストーリーになっています。Dr.ウィロー、Dr.コーチンらが登場しますが、本人には戦闘における才能や力はないが、戦闘における才能や力を持った存在を生み出すことができるという能力はあり、それが孫悟空らにとっての強大な敵になっていくのです。

テレビ放送していたときの人造人間16、17、18号やセルを生み出したドクターゲロのような存在と言えると思うのです。基本的に科学者が出てくると、すごい強力な敵が出現するイメージがあるので、そういう意味ではこの作品は個人的には良い雰囲気を持って見ることができました。

実際、この映画で出てきたオリジナルの敵はかなり強力で、ビジュアルなども印象に残っているのです。


敵がカプセルの中で脳みそだけの状態で話すのが不気味だったと記憶しています。最強の人物の体をのっとることを目的とした敵が、まずは武天老師を襲います。武天老師が負けた時には悲しい気持ちになりました。敵の巨漢な戦士達はいずれも強敵で不気味でした。

ピッコロが操られて悟空の敵に回る展開はハラハラしました。悟飯とハイヤードラゴンが口笛を吹くシーンが尊いと思えました。最後には、戦闘で服が破損した状態の悟空が寒い雪山で最後の戦いを行います。悟空の口から白い息がでるのを見るだけで寒さが伝わりました。

寒暖の描写もさすがでした。そしてラストの元気玉を作るシーンで悟空が「あったけぇ」と言ったのがいつまでも心に残る作品でした。

「劇場版 ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ」の主題歌&挿入歌情報

ソングタイトル歌手名
CHA-LA HEAD-CHA-LA影山ヒロノブ