アニメ 映画

劇場版 DRAGON BALL Z 神と神の動画を1話から全話無料で視聴する方法

アニメ
この記事は約5分で読めます。
映画『DRAGON BALL Z 神と神』予告編

「劇場版 DRAGON BALL Z 神と神」を視聴したい人のために、この作品の動画を配信しているVOD情報をまとめました。

無料で見る方法やキャスト情報や主題歌、実際に作品を視聴した人の感想も記載しているので、これから本作を視聴しようと思っている人の参考になれば幸いです。

「劇場版 DRAGON BALL Z 神と神」の動画を視聴する方法

「劇場版 DRAGON BALL Z 神と神」の動画は、動画配信サービスの「Amazonプライム」で視聴可能!


Amazonプライムは、月額500円(税込)で利用できるVODで、見放題とPPV(都度課金)の作品を配信しています。

対象の電子書籍が読み放題のPrime Reading200万曲以上の音楽が聴き放題のPrime Musicなど、お得な特典が盛りだくさん。初めての利用であれば30日間無料トライアル実施中!

「劇場版 DRAGON BALL Z 神と神」を1話から最終話まで全話視聴できるVOD情報

この情報は2019/12/20の情報を元に作成しています。現在は配信されていない可能性もあるので、最新の情報はVOD各社の公式サイトをご確認ください。
上記VODでは、初めての利用者向けに無料トライアルを提供しています。この期間内は、有料会員と同様にサービスを受けられ、対象の作品は見放題で視聴可能で、期間中に解約すれば料金は発生しません。これを上手く利用すれば、全話無料で視聴することが可能です。

一部VODでは、PPV(都度課金配信)、ゲオTVTSUTAYA TVに関しては、宅配レンタルの情報も含まれています。見放題ではない可能性もあるので、詳しくは各VODの最新配信状況をご確認ください。

「劇場版 DRAGON BALL Z 神と神」のあらすじ

全宇宙の運命を賭けた魔人ブウとの壮絶な戦いから4年後。平和な地球に再び危機が訪れようとしていた。創造神である界王神と対を成す全宇宙のバランスを保つ存在、破壊神ビルスが長い眠りから目覚めた。その目的は、破壊神である自身に比肩しうる力を持つ可能性を秘めた“超サイヤ人ゴッド”なる存在が、39年後に現れるという予言を信じてのことだった。

>引用元URL

「劇場版 DRAGON BALL Z 神と神」のキャスト

キャラクター名声優名
孫悟空、孫悟飯、孫悟天野沢雅子
ピッコロ 古川登志夫
ベジータ 堀川りょう
トランクス草尾毅
ブルマ鶴ひろみ
ビーデル皆口裕子
魔人ブウ塩屋浩三
ピラフ千葉繁
シュウ玄田哲章
マイ山田栄子
破壊神ビルス山寺宏一
ウイス森田成一

「劇場版 DRAGON BALL Z 神と神」を視聴した人の感想

この作品を見た感想ですがドラゴンボールが新たに劇場版として復活した作品という事でかなり期待していました。ですが、私が期待していたような魅力邸なキャラが出てこなかったという点ではこの作品は正直がっかりでした。

破壊神という設定はまあ良かったと思ったのですが正直破壊神のキャラデザが受け付けませんでした。ドラゴンボールを連載していた頃の鳥山明のキレはないんだなといった感じでした。

なので正直敵キャラが微妙であまり楽しめませんでした。ですが、戦闘シーンはさすが劇場版なだけあってかなり良いと思いました。なのでビルスと超サイヤ人ゴッドになった悟空の戦闘は見る価値があると思いました。ですが、それ以外は正直微妙でした。


この作品は戦いメインというよりは別の部分がすごい印象に残っています。スーパーサイヤ人ゴッドという新しい設定が登場した点も魅力だと思いますが、全体を通じてベジータが特に魅力的だったと思います。

主人公の孫悟空以上にベジータが存在感を出していて、コミカル面を見せたり、ブルマのために破壊の神であるビルスに立ち向かったりするなど、割と活躍するシーンが多かったと思います。逆に言えば悟空の印象がちょっと薄くなってしまった作品のように思います。

また、全体を通じて、過去の映画と比べても迫力が欠けるかな?という気もしました。ビルスが敵という感じがあまりせず、恐怖感もあまり感じなかったので、そこが最大の原因かな?と思いました。


いつもの劇場版の敵キャラの場合、最後は悟空たちが倒して終わるのですが、今作のボスのビルスは圧倒的な強さで悟空たちは手も足も出ません。正直いつもの強い悟空を期待してみると驚く内容でした。

ストーリーは地球を破壊しようとする神様相手に悟空やベジータが止めるために戦うといったシリアスな内容なのですが、ベジータがビルスの機嫌をとるためにダンスを踊ったりとコメディー要素も多く出てきます。

この辺は無印の頃のギャグマンガ要素もあり、個人的には面白かったです。また、肝心の戦闘シーンはかなり迫力があり、悟空が新しい形態に変身するシーンや、ビルスとのバトルシーンはかなり見ごたえがありました。

今作のメインはバトルシーンにあると思っています。オチとしても勝てないながらもハッピーエンドになるので、驚きはありましたが不満は無かったです。


テレビシリーズが終了してからしばらく経っての新作だったので期待大でした。平成も後期になって展開したこの作品は、これまでの劇場版と違って映像技術がパワーアップしていました。バトルシーンでの光のエフェクトや、スピード感ある戦闘パートもクリアな作画で描いていました。

有名声優の山寺宏一さんがボスキャラの破壊神ビルスを演じたことが印象的でした。ビルスの驚異に戦意喪失したZ戦士達がビルスを料理でもてなすシーンなどは異色な展開でした。何気ないシーンですが、ベジータがブルマを大事に思っているという描写もあって長年のファンとしては嬉しかったです。

新たな力を得て悟空がさらなる強力な技で破壊神ビルスを迎えうつ展開は少年心をあつくしました。

「劇場版 DRAGON BALL Z 神と神」の主題歌&挿入歌情報

ソングタイトル歌手名
CHA-LA HEAD-CHA-LAFLOW