アニメ 映画

劇場版 ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれないの動画を1話から全話無料で視聴する方法

アニメ
この記事は約5分で読めます。
劇場版 ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない
悟天、トランクスとミスター・サタンの娘、ビーデルは6つのドラゴンボールを集め、あと残り一個を探しに大氷河が広がるナタデ村に向かう。一方、7年前惑星ベジータで悟空との戦いに敗れた伝説の超サイヤ人ブロリーが大氷河の万年雪から復活していた。悟天とトランクスの気がブロリーの眠りを目覚めさせたのだ!怖いもの知らずの悟天とト...

「劇場版 ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない」を視聴したい人のために、この作品の動画を配信しているVOD情報をまとめました。

無料で見る方法やキャスト情報や主題歌、実際に作品を視聴した人の感想も記載しているので、これから本作を視聴しようと思っている人の参考になれば幸いです。

「劇場版 ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない」の動画を視聴する方法

「劇場版 ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない」の動画は、動画配信サービスの「U-NEXT」で視聴可能!


U-NEXTは、月額1,990円で利用できるVODで、見放題+PPVの両方の作品を配信しています。

人気雑誌の電子書籍が読み放題、有料作品に使えるポイントが毎月1,200Pもらえるなどの特典が充実しており、初めての利用であれば31日間無料トライアル実施中!

「劇場版 ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない」を1話から最終話まで全話視聴できるVOD情報

この情報は2019/12/20の情報を元に作成しています。現在は配信されていない可能性もあるので、最新の情報はVOD各社の公式サイトをご確認ください。
上記VODでは、初めての利用者向けに無料トライアルを提供しています。この期間内は、有料会員と同様にサービスを受けられ、対象の作品は見放題で視聴可能で、期間中に解約すれば料金は発生しません。これを上手く利用すれば、全話無料で視聴することが可能です。

一部VODでは、PPV(都度課金配信)、ゲオTVTSUTAYA TVに関しては、宅配レンタルの情報も含まれています。見放題ではない可能性もあるので、詳しくは各VODの最新配信状況をご確認ください。

「劇場版 ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない」のあらすじ

『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』で新惑星ベジータが崩壊した瞬間、一つの宇宙ポッドが惑星から脱出していた。そこに乗っていたのは伝説の超サイヤ人ブロリー。惑星崩壊の直前まで対決し、自らを打ち破った孫悟空を追い、地球に漂着したブロリーであったが、悟空から受けたダメージは想像以上に大きく、そのまま氷の下に閉じ込められてしまう。

>引用元URL

「劇場版 ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない」のキャスト

キャラクター名声優名
孫悟空、孫悟飯、孫悟天 野沢雅子
クリリン 田中真弓
トランクス 草尾毅
ビーデル 皆口裕子
ココ 嶋方淳子
祈祷師 茶風林
村人 江川央生、木村明日香、幸野善之
ブロリー 島田敏
長老 高木均

「劇場版 ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない」を視聴した人の感想

やっぱり初登場となったブロリーの衝撃がでかかったです。同じ孫悟空らと同じサイヤ人がラスボスだったわけですが、スーパーサイヤ人になる前と後で、ビジュアルが全然違っていたのが印象的です。

身体の大きさとか、表情とか、声などがまるっきり違っており、映画を見ていたときにはスーパーサイヤ人になったブロリーを倒せる気がしないという感じでした。当時までにやっていたドラゴンボールの映画の中でも、1番強敵というか、最も絶望感を感じていたのを覚えています。

ブロリーの絶対的強さというのは、当時は本当に際立っており、映画だけじゃなくて通常のテレビ放送でも見たいなとも思っていました。とにかくブロリーの印象がとんでもなく大きかった作品ですし、個人的にかなり思い出として残っているドラゴンボールの映画です。


やっぱりドラゴンボールは超サイヤ人になってからの戦闘がとても好きであり、今作品は悟空ファミリーが大活躍してくれるので爽快でしたね。しかし今作品の敵はまさかの復活したブロリーであり、それも地球まで追っかけてきて冷凍睡眠をしていたのは凄い設定だと思いました。

前作も圧倒的な憎しみの力で悟空を圧倒したブロリーですが、今作品でもその強さは健在であり、最初はこれどうやって倒すんだと絶望感がありました。

悟空はその当時ではもういないので、戦いは悟飯と悟天、トランクスがメインとなるのですが、これだけの超サイヤ人が揃ってもなお苦戦するというバトルは見ていてハラハラしました。

そして最後は映画のポスターにもあった親子かめはめ波で決着がついたのもあり、悟空ファミリーが大活躍してよかったと思います。


かつて悟空達が苦戦してなんとか倒した伝説の超サイヤ人のブロリーが復活して悟飯と悟天とトランクスが一緒に戦うというストーリーですが、正直かなり微妙な印象を受けました。まずブロリーの復活の仕方が雑というのとブロリーの強さがイマイチ表現できてないと思ったからです。

トランクスや悟天でもそこそこ戦えているのがすごく違和感がありました。ドラゴンボールはどうしても大人のサイヤ人よりも子供のサイヤ人を強く描く傾向にありますが、トランクスや悟天に関しては特に強くなるきっかけもなく最初から強いのでその違和感がすごいです。

伝説の超サイヤ人の強さが大した事がないように見えているのがすごく残念に思いました。ですが、戦闘作画は相変わらず良いと思いました。


この作品の見どころはなんといっても悪役ブロリーの凶暴さです。氷河から復活という意外性もさることながら、悟天、トランクスなど次世代を担う人材をいとも簡単に負かしてしまいます。その戦闘シーンも劇場版の利点を生かし、お互いが画面狭しと吹っ飛ぶ迫力のあるものとなっておりました。

また、ヒロインのビーデルもテレビ版での出番の少なさを挽回するような可愛さを振りまきます。ただ、ビーデルの戦闘能力については疑問を持ってしまいますが。ちょっと残念なのは前半のギャグパートが若干滑っている件。

子供っぷりを表現しようとするのはわかりますが、ちょっと無理があるギャグがあるような気がしましたね。また、ドラゴンボールと悟空の扱いがちょっと雑なのも気になりましたね。全体としては迫力の戦闘シーンを楽しむ映画だと思います。

「劇場版 ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない」の主題歌&挿入歌情報

ソングタイトル歌手名
WE GOTTA POWER影山ヒロノブ