アニメ 映画

ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦の動画を1話から全話無料で視聴する方法

アニメ
この記事は約5分で読めます。
たった1人の最終決戦 バーダックVSフリーザ

「ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦」を視聴したい人のために、この作品の動画を配信しているVOD情報をまとめました。

無料で見る方法やキャスト情報や主題歌、実際に作品を視聴した人の感想も記載しているので、これから本作を視聴しようと思っている人の参考になれば幸いです。

「ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦」の動画を視聴する方法

「ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦」の動画は、動画配信サービスの「U-NEXT」で視聴可能!


U-NEXTは、月額1,990円で利用できるVODで、見放題+PPVの両方の作品を配信しています。

人気雑誌の電子書籍が読み放題、有料作品に使えるポイントが毎月1,200Pもらえるなどの特典が充実しており、初めての利用であれば31日間無料トライアル実施中!

「ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦」を1話から最終話まで全話視聴できるVOD情報

この情報は2019/12/20の情報を元に作成しています。現在は配信されていない可能性もあるので、最新の情報はVOD各社の公式サイトをご確認ください。
上記VODでは、初めての利用者向けに無料トライアルを提供しています。この期間内は、有料会員と同様にサービスを受けられ、対象の作品は見放題で視聴可能で、期間中に解約すれば料金は発生しません。これを上手く利用すれば、全話無料で視聴することが可能です。

一部VODでは、PPV(都度課金配信)、ゲオTVTSUTAYA TVに関しては、宅配レンタルの情報も含まれています。見放題ではない可能性もあるので、詳しくは各VODの最新配信状況をご確認ください。

「ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦」のあらすじ

全宇宙一の戦闘民族サイヤ人の住む惑星ベジータで一人の男の子が産声をあげた。その名はカカロット、後に孫悟空となる男の子である。同じその頃、カカロットの父であるサイヤ人戦士バーダックの一味はカナッサ星を攻めていた。大猿と化したバーダックたち5人のサイヤ人によって、カナッサ星は一夜にして陥落した。

>引用元URL

「ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦」のキャスト

キャラクター名声優名
バーダック、孫悟空野沢雅子
トーマ曽我部和恭
セリパ三田ゆう子
パンブーキン渡部猛
トテッポ塩屋浩三
フリーザ中尾隆聖
ザーボン速水奨
ドドリア堀之紀
トオロ銀河万丈
孫悟飯あずさ欣平
ベジータ堀川亮
ナッパ飯塚昭三

「ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦」を視聴した人の感想

孫悟空の父親であるバーダックが主人公となっている作品で、宇宙の帝王だったフリーザに挑んでいくのですが、当時フリーザの強さは絶望的と言えるほどです。その後、悟空が戦ったときにもかなり苦戦を強いられますけど、バーダックにとってもそれは同様です。

この作品は結果的にはフリーザの強さが特に印象的で、バーダックに対する印象もありますけど、フリーザの強さに関する記憶についても非常に鮮明に残っています。

そして、この作品ではフリーザに立ち向かうのがバーダック1人という、非常に孤独の戦いという点も印象的でした。他のサイヤ人は協力してくれない、自分でなんとかしないといけないという、その後フリーザを倒す悟空の姿を見ているような、そんな感覚が襲ってくる作品だなと思いました。


この作品は当時地上波のリアルタイム放送で視聴しました。圧倒的実力を誇るフリーザ相手にバーダック一人で挑んだラストシーンは数十年経った今でも鮮明に覚えています。フリーザの手下たちを薙ぎ払って攻め込むバーダックの姿が悟空に見えました。

話の流れ上、ここでフリーザが負けることはないと分かってはいました。でも「死んでいったサイヤ人のためにも勝ってくれ!」とテレビをみながら声に出していました。ですが、あんな小さなデスボール一つでバーダックはおろか惑星ベジータは崩壊しました。

私は、こうして悟空やベジータの故郷が破壊されたのだと知り、かなり憂鬱になったのを覚えています。しかし、この作品があったからこそ悟空がフリーザを倒すまでの物語に、かなりの深みがでたのは間違いないでしょう。

ベジータがナメック星でフリーザに負け、命を落とすときに、悟空に涙を流しながら訴えた悔しさも、この作品を見ると何倍にも気持ちが伝わってきます。本当い良い作品です。新しいドラゴンボールファンでまだ未視聴の方には大変おすすめの外伝作品です。


この作品は、今までのドラゴンボール作品の中でも異質な作品だと思いました。ドラゴンボールは悪の組織、企みをぶっ潰す正義は勝利する物語というイメージを持っているのですが、この物語にはそういう部分がありません。惑星ベジータのサイヤ人は他の惑星の侵略に行き、その星を滅ぼしてしまいます。そして、今回の敵役となるフリーザの軍団も悪の軍団です。

物語では、一人でフリーザに立ち向かうバーダックにしびれました。フリーザよりも弱いドドリアにすら勝てないバーダックは果敢にもフリーザに挑んでいきます。強大でかなわない敵だとしても、誇りをかけて立ち向かう気高い戦士の気構えが垣間見えました。悟空の不屈のファイティングスピリットは父親譲りなんだなと納得がいきました。

ドラゴンボールは久しぶりに見たのですが、フリーザのくずっぷりも変わりがなくて笑ってしまいました。惑星ベジータが消滅する瞬間を見ながら「ザーボンさん、ドドリアさんこんな美しい花火ですよ」なんてなかなかの悪役っぷりです。
この作品も、昔毎週テレビでドラゴンボールを欠かさず見ていたころと変わりなくとても楽しんで見れました。


悟空の父親が生前どのように生きていたかとかどのような最期を迎えたかを描いた作品でかなり濃い内容で見ていてかなりテンションが上がった作品でした。特に終盤のフリーザが惑星ベジータを消滅させようとして入り事に気づき戦いを挑む姿は絶対に敵わない相手でも果敢に挑み散った姿はかっこいいと思いました。

この手のバトルものは負けたキャラに対して雑魚のレッテルを張りがちですが、バーダックに関してはそういう風に全く思う事はなかったです。それどころか唯一フリーザの悪事を見破ったサイヤ人という印象が強くなった作品でした。

負けると分かっていても自分の星を守ろうとした姿カッコよかったです。確かに戦闘力は圧倒的に低かったですが、そんな事は全く気にならなかった唯一のキャラでした。

「ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦」の主題歌&挿入歌情報

ソングタイトル歌手名
CHA-LA HEAD-CHA-LA影山ヒロノブ