アニメ 映画

名探偵コナン 迷宮の十字路の動画を1話から全話無料で視聴する方法

アニメ
この記事は約6分で読めます。

「名探偵コナン 迷宮の十字路」を視聴したい人のために、この作品の動画を配信しているVOD情報をまとめました。

無料で見る方法やキャスト情報や主題歌、実際に作品を視聴した人の感想も記載しているので、これから本作を視聴しようと思っている人の参考になれば幸いです。

「名探偵コナン 迷宮の十字路」の動画を視聴する方法

「名探偵コナン 迷宮の十字路」の動画は、動画配信サービスの「TSUTAYA TV」で視聴可能!


TSUTAYA TVは、月額933円(税抜)で利用できるVODで、見放題&PPV(都度課金)の作品が配信されています。利用するプランによって、有料作品の視聴に使えるポイントが貰えるため、上手に利用すれば比較的新しい作品を実質無料で視聴することもできます。

DVD借り放題の有料オプションがあったり、大人向けのアダルトビデオも見放題で配信しているお得なVOD。初めての利用であれば30日間無料トライアル実施中!

「名探偵コナン 迷宮の十字路」を1話から最終話まで全話視聴できるVOD情報

この情報は2019/12/20の情報を元に作成しています。現在は配信されていない可能性もあるので、最新の情報はVOD各社の公式サイトをご確認ください。
上記VODでは、初めての利用者向けに無料トライアルを提供しています。この期間内は、有料会員と同様にサービスを受けられ、対象の作品は見放題で視聴可能で、期間中に解約すれば料金は発生しません。これを上手く利用すれば、全話無料で視聴することが可能です。

一部VODでは、PPV(都度課金配信)、ゲオTVTSUTAYA TVに関しては、宅配レンタルの情報も含まれています。見放題ではない可能性もあるので、詳しくは各VODの最新配信状況をご確認ください。

「名探偵コナン 迷宮の十字路」のあらすじ

東京・大阪・京都のそれぞれで、5人の男が日本刀や弓矢で殺される事件が発生した。犯人は翁の能面を被っており、義経記を持ち去っていることが判明していた。警視庁・大阪府警・京都府警の合同捜査本部による捜査の結果、殺された5人が古美術品を狙う窃盗団「源氏蛍」のメンバーであることが明らかになった。

同じ頃、小五郎は山能寺の僧侶から依頼を受け、コナンたちを連れて京都に来ていた。山能寺では8年前、12年に一度公開する秘仏が何者かに盗まれていた。そして最近、その仏像のありかを示すという謎の絵が、差出人不明で山能寺に届いたので、小五郎に解読を依頼したのだった。

>引用元URL

「名探偵コナン 迷宮の十字路」のキャスト

キャラ名声優名
江戸川コナン高山みなみ
毛利蘭山崎和佳奈
毛利小五郎神谷明
工藤新一山口勝平
服部平次堀川りょう
遠山和葉宮村優子
目暮警部茶風林
白鳥刑事井上和彦
阿笠博士緒方賢一
吉田歩美岩居由希子
小嶋元太高木渉
円谷光彦大谷育江
鈴木園子松井菜桜子
白鳥刑事塩沢兼人
灰原哀林原めぐみ
千葉刑事千葉一伸
高木刑事高木渉
佐藤美和子湯屋敦子

「名探偵コナン 迷宮の十字路」を視聴した人の感想

この作品は、舞台が京都を中心とした関西っていうのが気に入っています。
それは京都などの観光地が綺麗に描かれるのも好きな理由ですが、関西が舞台であると平次が登場しないわけにはいかないのも理由のひとつです。平次が登場する作品は、謎解きや推理が楽しめるが好ポイントです。

平次とコナンがそれぞれ仮説を立てたりしながら、謎に近づいていく中で、和葉や蘭からのポイントとなるヒントがでる。これが、推理を楽しくさせてくれるところとなっている。警察や小五郎がほとんど登場せず解決していくのも展開がすっきりしていて楽しい。

二人が揃えば、推理と謎解きが面白くなることは間違いありません。だからこそ、コナンシリーズで関西が舞台になっている作品は面白いと思います。


「迷宮の十字路」は、京都が主な舞台になっていたということもあって、多くのコナンの映画とは違う雰囲気が感じられます。京都の現実の街並みを再現していて、舞妓さんなども登場しますし、かなり和の雰囲気が感じられる作品だったと思います。

それがストーリーの終盤までずっと続いていた感じです。そして、コナンと同様の主役に服部がなっていたのも個人的には嬉しかった作品です。剣道が得意な服部が剣術を駆使するシーンもあり、服部の魅力が特に溢れていた作品だと感じました。

京都の街の雰囲気も服部には合っていると思いますし、服部は関西の人間なんだなというのが実感できる映画で、そういう部分も含めて、かなり個人的には思い出深い作品と言えると思います。


2003年公開のシリーズ7作目です。当時私は高校生で、それまでのシリーズはすべて視聴してきました。いつもの劇場版コナンは、コナンと蘭を中心にして描かれますが、今作は平次と和葉が中心(?)の物語であり、当時は新鮮に感じました。(もちろんコナン君も活躍しますが…)

今や劇場版コナンシリーズも毎年恒例となっていますが、最近の作品は”キャラクターのカッコよさ”や”派手なアクション”ばかりが先行してしまい、本来の推理ものとしての面白みに欠けていると考えます。

この作品は、推理要素として、京都の街の通りを舞台にしており、視聴しているときも我々に「この謎はこうなんじゃないか」と思わしてくれます。そういうワクワク感って推理ものには大事じゃないかと思います。ストーリーが進むにつれ、謎が解かれていく感じをテンポよく観ることができる作品であり、謎解きの完成度も高い作品であると言えるでしょう。

最後にはお決まりのアクションシーンもあり、それはそれでやっぱりかっこよかったなあと思ってしまうのが劇場版コナンの憎いところ。結局アクションでも推理でも、コナンが活躍する姿が観たいだけなのかもしれません。


この作品では、罪の全くない人が次々と殺されていきます。私自身、やり場のない怒りや葛藤を覚えました。面白いと思ったのは、お寺宛になんとも理解が難しい手紙が届いたことです。

金魚や蟬、天狗などのややもすれば全く関連性の乏しいイラストにワクワク感すら覚えました。私には、さっぱりその意味を理解することはできませんでしたが、その謎を解いてしまうのだから凄いと思います。

牛若丸が修行に没頭している時に、弓矢で命を狙われることにもなります。しかしながら、コナンの見事な身のこなしによって、牛若丸は難を逃れました。やっぱり、KONANは凄いと感心する次第です。

また、宴会の最中に鋭い刃物で桜が殺されるというショッキングな事件も発生します。ここでもコナンの推理の力が発揮され、本当に凄いと思います。


平次の初恋は和葉だったことがわかったのだから、平次が男らしく和葉にそれを伝えるべきだと見ているほうは思うのですが、それをしたら今後の平次と和葉の恋の両想いのもどかしさを感じられなくなるので、言わない方向で曖昧に終わらせたんだろうなあと思います。

新一の姿で蘭と会うため、新一の傍にいたいしやっと会えて嬉しいと、言葉に出さずとも蘭の心の中の思いが伝わってきます。新一が和葉を守る的なシーンでは、新一の相手は蘭ではなく和葉もアリ的に見えます。

怪我しながらも和葉の元に駆け付け、新一のサポートをしつつ共闘した平次もカッコいいですが、それ以上に新一がカッコよく見えます。新一と蘭、平次と和葉の双方の幼馴染の愛と絆を感じられた映画です。

「名探偵コナン 迷宮の十字路」の主題歌&挿入歌情報

Time after time ~花舞う街で~ – 倉木麻衣