アニメ 映画

名探偵コナン ゼロの執行人の動画を1話から全話無料で視聴する方法

アニメ
この記事は約6分で読めます。
劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』福山雅治主題歌 予告映像【2018年4月13日公開】

「名探偵コナン ゼロの執行人」を視聴したい人のために、この作品の動画を配信しているVOD情報をまとめました。

無料で見る方法やキャスト情報や主題歌、実際に作品を視聴した人の感想も記載しているので、これから本作を視聴しようと思っている人の参考になれば幸いです。

「名探偵コナン ゼロの執行人」の動画を視聴する方法

「名探偵コナン ゼロの執行人」の動画は、動画配信サービスの「TSUTAYA TV」で視聴可能!


TSUTAYA TVは、月額933円(税抜)で利用できるVODで、見放題&PPV(都度課金)の作品が配信されています。利用するプランによって、有料作品の視聴に使えるポイントが貰えるため、上手に利用すれば比較的新しい作品を実質無料で視聴することもできます。

DVD借り放題の有料オプションがあったり、大人向けのアダルトビデオも見放題で配信しているお得なVOD。初めての利用であれば30日間無料トライアル実施中!

「名探偵コナン ゼロの執行人」を1話から最終話まで全話視聴できるVOD情報

この情報は2019/12/20の情報を元に作成しています。現在は配信されていない可能性もあるので、最新の情報はVOD各社の公式サイトをご確認ください。
上記VODでは、初めての利用者向けに無料トライアルを提供しています。この期間内は、有料会員と同様にサービスを受けられ、対象の作品は見放題で視聴可能で、期間中に解約すれば料金は発生しません。これを上手く利用すれば、全話無料で視聴することが可能です。

一部VODでは、PPV(都度課金配信)、ゲオTVTSUTAYA TVに関しては、宅配レンタルの情報も含まれています。見放題ではない可能性もあるので、詳しくは各VODの最新配信状況をご確認ください。

「名探偵コナン ゼロの執行人」のあらすじ

ある日、江戸川コナンら少年探偵団は、阿笠博士が新たに開発した高性能ドローンの飛行テストに付き合っていた。しかし、方向・速度・カメラを同時に操作する必要からリモコンの取り合いが始まったため、博士はリモコンを3つに分けようかと思案する。そのころ、室内では灰原哀がテレビを見ており、そこでは5月1日に東京サミットが開催される東京湾の統合型リゾート施設「エッジ・オブ・オーシャン」の特集や、同じ日に任務を終えて火星から帰還する大型無人探査機「はくちょう」の話題を放送していた。コナンも合流してテレビを見始めた直後、エッジ・オブ・オーシャンにある国際会議場で大規模な爆発があり、現場を警備していた警察官が数名死傷したという臨時ニュースが流れる。哀はテレビで流れた現場の監視カメラの映像に、一瞬だけ安室透の姿があったとコナンに指摘する。コナンはテロの可能性を考えるが、爆破が各国の要人たちが集うサミット当日ではないことに疑念を抱く。

>引用元URL

「名探偵コナン ゼロの執行人」のキャスト

キャラ名声優名
江戸川コナン高山みなみ
毛利蘭山崎和佳奈
毛利小五郎小山力也
工藤新一山口勝平
目暮警部茶風林
阿笠博士緒方賢一
吉田歩美岩居由希子
小嶋元太高木渉
円谷光彦大谷育江
灰原哀林原めぐみ
鈴木園子松井菜桜子
妃英理高島雅羅
風見裕也飛田展男
榎本梓榎本充希子
栗山 緑百々麻子
白鳥刑事井上和彦
高木刑事高木渉
佐藤刑事湯屋敦子
千葉刑事千葉一伸
黒田 兵衛岸野幸正
橘 境子上戸彩
羽場 二三一博多大吉
岩井 紗世子冨永みーな
日下部 誠川島得愛
諸國 沙代子諸國 沙代子
安村 直樹安村直樹

「名探偵コナン ゼロの執行人」を視聴した人の感想

「ゼロの執行人」は、テレビで見ていたときの安室透が映画だとちょっと雰囲気が違った形で描かれており、コナンとはやや敵対する構図が存在していました。

安室透はアニメで見る限りでは一応、コナン側の味方の存在のように見えますが、この映画に関しては敵対するような関係で、安室透の違った一面を見ることができたというか、安室透の考える正義の姿を垣間見ることができたと思います。正義というのは確固たるものが1つ存在するわけではなく、人によって違うものなんだということなのです。

そういった部分を知るにはいい作品だと思いますし、そういう部分が特に頭に残りました。自分の信念を貫くには、人から共感されないこともやらないといけないときが来るということなのだと思います。


この作品は、コナン映画のなかでも好きな映画です。特に安室さんが出ているので好きです。
それまではあまり安室さんはどうなのと思っていました。

しかし、この作品内ではすごくかっこよかったし、メインキャラクターだなと思いました。コナンよりも良かったなと個人的には思っています。それぐらい、興奮して見た映画でした。
一番の見所は、最後のシーンでのカースタントです。

安室さんの運転テクニックが出てくるのですが、そんなこと出来るのかという感じですが、ハラハラしながら見てしまいました。何となく、安室さんなら出来そうに思ってしまいます。本当にこの映画は安室さんづくしで、見所満載だったし、犯人も最後の最後まで分からない映画でした。


コナンの能力のすごさを認め、事件解決のため自分の相棒にし、コナンを利用可能となるよう小五郎や蘭を利用して仕向けた、本来の姿の降谷零さんは、その知能がすごいと思います。高度な運転テクで自分の白い愛車をかっ飛ばし暴走する降谷零に、コナン同様ちょっと引きます。

安室透の雰囲気で、突如降谷零になる瞬間が好きですが、バーボンも登場してほしかったです。犯人確保までに降谷とコナンがタッグを組み、相手を制圧した瞬間もカッコよかったけれど、拳銃撃ちながら怪我してコナン支えて飛び込む降谷さんにはしびれます。

ブルーレイ購入後には、「僕の恋人はこの国さ」というしびれるセリフを何度もリピートしたほどです。安室さんと降谷さんのギャップ萌えが多く感じられます。


この映画で驚いたのは、やはりおっちゃんが容疑者になったことでしょうか。おっちゃんはどんな事件も基本、毛利小五郎だからという理由で基本的に容疑者になることはありません。

今回の件は予告で既に分かっていたことですが、いざ見ると凄く不思議なかんじがしてしまいました。もちろんこれは安室の策略の一つなわけですし、彼だって別におっちゃんのことをどうでもいいと思っているわけではありません。

むしろ申し訳ないと思っているからこそ、裏で色々動いていたのだと思います。あとは、コナンのことを本当に信頼していたからだと思います。ちょっと頭のいい小学生と思っていたら、こんな手は打ちません。そういうのも、見ている側としては熱くなってしまいます。


毛利小五郎が容疑者となってしまうところからスタートするため、はじめはかなり驚きの展開でした。小五郎の無実を証明するためにコナンが奔走するのですが、この作品では公安の安室とともに事件を解決に導いていくのがとても良かったです。

個人的にコナンのキャラクターの中で怪盗キッドに次いで安室透が好きで、安室が多く登場するこの作品は、とても大満足でした。安室は、黒の組織にバーボンとして潜んでおり、公安では降谷雫として活躍しています。コナンとともに事件を解決に導いていく点やコナンをサポートする姿はとても格好良いです。

ラストのシーンでは、宇宙探査機から切り離されたカプセルがカジノタワーに衝突するというピンチもコナンと安室の起点で見事回避して最後はハラハラしましたがとても良い作品でした。

「名探偵コナン ゼロの執行人」の主題歌&挿入歌情報

零 -ZERO- – 福山雅治