アニメ 映画

名探偵コナン 11人目のストライカーの動画を1話から全話無料で視聴する方法

アニメ
この記事は約6分で読めます。
チームワークで謎を解け!「名探偵コナン 11人目のストライカー」予告編

「名探偵コナン 11人目のストライカー」を視聴したい人のために、この作品の動画を配信しているVOD情報をまとめました。

無料で見る方法やキャスト情報や主題歌、実際に作品を視聴した人の感想も記載しているので、これから本作を視聴しようと思っている人の参考になれば幸いです。

「名探偵コナン 11人目のストライカー」の動画を視聴する方法

「名探偵コナン 11人目のストライカー」の動画は、動画配信サービスの「TSUTAYA TV」で視聴可能!


TSUTAYA TVは、月額933円(税抜)で利用できるVODで、見放題&PPV(都度課金)の作品が配信されています。利用するプランによって、有料作品の視聴に使えるポイントが貰えるため、上手に利用すれば比較的新しい作品を実質無料で視聴することもできます。

DVD借り放題の有料オプションがあったり、大人向けのアダルトビデオも見放題で配信しているお得なVOD。初めての利用であれば30日間無料トライアル実施中!

「名探偵コナン 11人目のストライカー」を1話から最終話まで全話視聴できるVOD情報

この情報は2019/12/20の情報を元に作成しています。現在は配信されていない可能性もあるので、最新の情報はVOD各社の公式サイトをご確認ください。
上記VODでは、初めての利用者向けに無料トライアルを提供しています。この期間内は、有料会員と同様にサービスを受けられ、対象の作品は見放題で視聴可能で、期間中に解約すれば料金は発生しません。これを上手く利用すれば、全話無料で視聴することが可能です。

一部VODでは、PPV(都度課金配信)、ゲオTVTSUTAYA TVに関しては、宅配レンタルの情報も含まれています。見放題ではない可能性もあるので、詳しくは各VODの最新配信状況をご確認ください。

「名探偵コナン 11人目のストライカー」のあらすじ

コナンや少年探偵団は現役プロサッカー選手が指導を行うサッカー教室に参加した。そこで小五郎は、大学時代の後輩の榊良輔と再会を果たす。現在は少年サッカーチームの監督をしている彼はその昔、重要な試合でオウンゴールを決めてしまい優勝を逃すという苦い経験があった。榊は、小五郎のファンだという少年サッカーチームのスポンサーである本浦圭一郎を紹介される。本浦は病死したばかりのサッカー好きの息子の知史のことで心が癒せずにいた。そのほかにも日売テレビに勤める山森慎三、芸能カメラマンの香田薫、怪我でJリーガーへの道を絶たれた中岡一雅など様々な人物がそのサッカー教室に集まっていた。

>引用元URL

「名探偵コナン 11人目のストライカー」のキャスト

キャラ名声優名
江戸川コナン高山みなみ
毛利蘭山崎和佳奈
毛利小五郎神谷明
工藤新一山口勝平
目暮警部茶風林
白鳥刑事井上和彦
阿笠博士緒方賢一
吉田歩美岩居由希子
小嶋元太高木渉
円谷光彦大谷育江
鈴木園子松井菜桜子
白鳥刑事塩沢兼人
灰原哀林原めぐみ
千葉刑事千葉一伸
高木刑事高木渉
佐藤美和子湯屋敦子
榎本梓榎本充希子
山森 慎三千葉繁
香田 薫桐谷美玲
中岡 一雅東地宏樹
榊 良輔中村大樹
本浦 圭一郎井上倫宏

「名探偵コナン 11人目のストライカー」を視聴した人の感想

今作は少年探偵団の活躍が多くて良かったです。哀ちゃんがいたからかもしれませんが、少年探偵団はなかなか上手いことコナンをサポートし、コナンは謎を解き、ある意味警察以上に市民サポーターを守っていたと思うので、その勇敢さが見れて好きです。

哀ちゃん押しの比護さんもイケメンですが、私的には見た目も性格も踏まえ、比護さんよりも真田さんのほうが立ち位置的にも良い位置で活躍もあり、カッコよくて好きです。当時は現役のサッカー選手さんや女優さんも声優さんとして出ていましたが、皆セリフ棒読みで下手でキャラの感情表現が視聴者的に出ていないと感じます。

声優に知名度だけで下手な人は要らないので、ちゃんとオーディションして上手い人を採用して演じてほしかったです。犯人が小五郎やサポーターを単に逆恨みし、勝手に復讐に萌えて、亡くなった少年のために復讐する自分を美化していただけだと思うので、犯人は嫌いです。


毎回なかなか映画の犯人が分からず、最後の最後で謎がやっと分かったと言うのが多いのですが、この作品は私が見たコナン映画の中で分かりやすいものでした。

どうしても見ながら、犯人探しはお約束で、分からないと本当にイライラしたりしていました。分からなくても、もちろん面白いのですが、この作品は序盤で犯人が分かりいつもよりも楽しめたと思います。

謎解きが出来ると本当に嬉しくて、また違う意味でドキドキしながら見た作品でした。それに、実際のサッカー選手が声優さんとして出てたのもまた、楽しめた映画でした。爆弾をかなり使うものだったので、迫力もあったし、怖いなとも思いました。映画版は毎回ド派手な、爆発などもありかなりスケールが大きいのも見所だと思います。


サッカー好きにはたまたない作品ですね。通常の話ではサッカーネタはそれなりにあるのですが、映画でサッカーネタはこの作品だけですし。現役のJリーガーが実名で登場して、声まで当ててくれる豪華さは素晴らしい。

ただ、ヤットさんのセリフはやばかった・・・。もうちょっと普通に喋れなかったのかなぁ。キングカズは最高でした。カズと一緒にサッカーできて目がキラキラしてるコナン君は見ていて楽しかったです。他にも、肥後さんが交代して拗ねている灰原が可愛かったですね。

爆弾ものということでバトルはなかったのですが、最後のヤットさんに教えてもらったFKで爆弾を止めるシーンはかっこよかったです。サッカーあまり興味ない人にはつまらなかったかもしれませんが。サッカー好きとしては、W杯イヤーの映画はサッカーネタもう一回くらいやって欲しいかな。


「11人目のストライカー」は、全体を通じて爆破予告から始まる爆弾犯を突き止めるというストーリーになっています。最初に見た映画の時計仕掛けの摩天楼も同じようなストーリーでしたが、それがすごい面白くて、そのときの思い出が蘇るようでした。

普通の殺人事件ではなく、爆弾犯を突き止めるというストーリーの方がより壮大な気がして、個人的には好きなので、この作品に関してもそういう部分で魅力的に思えていたのです。あとはコナンならではという部分で、サッカーが題材になっている点も特徴です。

個人的にはサッカーはそこまで興味はないものの、そういう自分でも十分に楽しめたので、コナンが特に熱中できるサッカーが題材というのは、それだけ作品の魅力を高める力を持っているのだと思いました。


この映画の一番の感想は、とにかくJリーガーの声優が酷すぎるということに尽きます。
特に遠藤選手は酷いです。映画なんだから、もう少し練習して欲しかったです。よりによって、Jリーガーの中で一番重要な役でした。

話す内容もサッカーに関わることなのだから、もっと自然に話せるだろうと思ってしまいました。顔も本人に似せるので、他の登場人物とはタッチが違うため、余計に存在が浮いていました。とはいえ映画お決まりの、「犯人を明かした後の大ピンチ」では、それまでの棒読みを忘れて夢中になってしまいました。

途中、遠藤選手のセリフが出てきて、ややテンションが下がりますが、それをものともせず、見事なフィナーレを迎えます。コナンがシュートをして、起爆装置を止めたときには、思わずガッツポーズを決めてしまいました。この辺の作りは毎回同じ展開ですが、毎回興奮してしまいます。

犯行の動機に繋がる勘違いは、少し弱い気もしましたが、全体を通して、サッカーを下敷きにしたトリックは良くできていたと思います。おそらく、映画ではなくマンガで読んだら一番面白かったのではないかと思える作品です。棒読みのJリーガーを複数出演させるよりも、外国人サッカー選手を一人登場させ、母国語で話させた方が良かったのかもしれません。

「名探偵コナン 11人目のストライカー」の主題歌&挿入歌情報

ハルウタ – いきものがかり