アニメ 映画

名探偵コナン 紺碧の棺の動画を1話から全話無料で視聴する方法

アニメ
この記事は約5分で読めます。

「名探偵コナン 紺碧の棺」を視聴したい人のために、この作品の動画を配信しているVOD情報をまとめました。

無料で見る方法やキャスト情報や主題歌、実際に作品を視聴した人の感想も記載しているので、これから本作を視聴しようと思っている人の参考になれば幸いです。

「名探偵コナン 紺碧の棺」の動画を視聴する方法

「名探偵コナン 紺碧の棺」の動画は、動画配信サービスの「TSUTAYA TV」で視聴可能!


TSUTAYA TVは、月額933円(税抜)で利用できるVODで、見放題&PPV(都度課金)の作品が配信されています。利用するプランによって、有料作品の視聴に使えるポイントが貰えるため、上手に利用すれば比較的新しい作品を実質無料で視聴することもできます。

DVD借り放題の有料オプションがあったり、大人向けのアダルトビデオも見放題で配信しているお得なVOD。初めての利用であれば30日間無料トライアル実施中!

「名探偵コナン 紺碧の棺」を1話から最終話まで全話視聴できるVOD情報

この情報は2019/12/20の情報を元に作成しています。現在は配信されていない可能性もあるので、最新の情報はVOD各社の公式サイトをご確認ください。
上記VODでは、初めての利用者向けに無料トライアルを提供しています。この期間内は、有料会員と同様にサービスを受けられ、対象の作品は見放題で視聴可能で、期間中に解約すれば料金は発生しません。これを上手く利用すれば、全話無料で視聴することが可能です。

一部VODでは、PPV(都度課金配信)、ゲオTVTSUTAYA TVに関しては、宅配レンタルの情報も含まれています。見放題ではない可能性もあるので、詳しくは各VODの最新配信状況をご確認ください。

「名探偵コナン 紺碧の棺」のあらすじ

佐藤刑事と高木刑事は、都内で強盗犯とカーチェイスを繰り広げていた。佐藤は巧みなドライビングテクニックで強盗犯の車を追い詰め、横転させる。そのまま逮捕されることになった強盗犯は、「神海島」と「ジョリー・ロジャー」という意味深な言葉をつぶやき、意識を失った。

翌日、バカンスで神海島を訪れたコナン一行は、財宝探しに集まったトレジャーハンター一味と出会う。神海島は、海底の古代遺跡・海底宮殿が発見され有名になった島である。また、300年前に2人の女海賊アン・ボニーとメアリ・リードが遺したという財宝伝説も語り継がれている。興味を持ったコナンたちは島の観光課が企画した宝探し、蘭と園子はダイビングとそれぞれバカンスを満喫する。

>引用元URL

「名探偵コナン 紺碧の棺」のキャスト

キャラ名声優名
江戸川コナン高山みなみ
毛利蘭山崎和佳奈
毛利小五郎神谷明
目暮警部茶風林
白鳥刑事井上和彦
阿笠博士緒方賢一
吉田歩美岩居由希子
小嶋元太高木渉
円谷光彦大谷育江
鈴木園子松井菜桜子
白鳥刑事塩沢兼人
灰原哀林原めぐみ
千葉刑事千葉一伸
高木刑事高木渉
佐藤美和子湯屋敦子
妃英理高島雅羅
岩永 城児堀内賢雄
山口 喜美子倉田雅世
馬淵 千夏大本眞基子
松本 光次中田譲治
伊豆山 太郎神奈延年
田山 資悦黒田崇矢

「名探偵コナン 紺碧の棺」を視聴した人の感想

コナンたちがバカンスに行った先で、事件は起きてしまいます。
せっかくコナンは蘭たちとバカンスに来たのに、何だか可哀そうな気がしました。
トレジャーハンターの遺体が発見されますが、最初は事故だと思われていたのが事件だと言うことが分かります。

コナンの推理は、いつも通り冴えており殺人事件の推理をして行く姿が面白かったです。
今回は蘭と園子が連れ去られてしまい、2人を取りもどすために1人で海底神殿に向かうコナンは見かけは子供ですが、蘭を守ろうとする新一の愛を感じることが出来ました。

海賊の宝を巡って繰り広げられるこの映画は、コナンというより新一の部分を感じさせてくれました。最後のシーンでみんな生き残ることが出来て良かったです。


女海賊2人の話が出てきた段階で、蘭と園子に焦点が当てられるのかな?と察しがつきました。そして、今回の蘭はカッコ良すぎなくらいでした。友だちを守るためにボンベを片手で担いでみたり、お得意の空手で相手を倒そうとしてみたり。

園子が一緒だと、本当に蘭はたくましいなって思いました。何より、コナンが蘭のために必死に助けに行こうとする姿を見て船を出してあげようとする元海賊の人はやはり人を見る力もあって、この子なら大丈夫って何か確証を得たのかな?と思いました。

そして、船で海上まで脱出する時の酸素ボンベを渡すシーンでは、蘭は本当にコナンのことをよく見ているなって思いました。また、あんな小型酸素ボンベを作れる博士は本当に何者?と思わされました。


このシリーズは、海中が物語の舞台となっていることもあり、とても神秘的な印象を持ちました。キャラクターたちが次々とダイビングしているシーンにもワクワクさせられます。海に潜ったうちの一人がサメに襲われるという大ハプニングが発生します。

これも厳しい海中ならではのハプニングといえるのではないでしょうか。このシーンを目の当たりにすることで、大自然の厳しさを改めて感じました。でも3人のうちの1人だけがサメの襲来を受けるのも理由がありました。

着用したウエットスーツにはサメの大好物が仕込まれていたのです。そこに気づくことができるのもコナンの素晴らしさだと思います。卓越した推理と洞察力で真実を見事に暴き出します。


この映画は、コナンシリーズの中でも好き嫌いがわかれる作品になるかもしれません。なぜなら推理で解決する事件というよりは、トレジャーハンターのような内容だからです。コナンの推理力を楽しみにしている人からすると物足りなく感じしまうかも、私もその一人。

コナン映画ならではの、蘭と新一のつながりの深さを感じられるストーリーにはなっています。これがあるのが、ラストシーンの魅力ではあります。さらに今シリーズは、蘭と園子との絆もとてもよく描かれていて、推理シーンが少ない部分を補ってくれています。

映画になると、蘭が主役級の役どころがとなるのも、お気に入りのポイントです。またこの映画は高木刑事の活躍も見どころだと思います。


「紺碧の棺」はコナンと灰原が2人で行動するシーンが全体的に多かったように感じました。私はコナンと蘭の関係よりも灰原との関係の方が好きなので、そういう意味では個人的には好みのシーンが多く感じられた作品です。

他の少年探偵団のメンバーといるときと比べると、この2人だけになると会話の内容や口調がまるっきり変わるのが面白いです。子供を演じていないといけないときではないので、2人の素の姿が見られるわけですが、普段の子供を演じている2人の姿と比べると大きなギャップを感じられる貴重なシーンだと思います。

少年探偵団はほぼどの映画でも登場してきますけど、その中でもコナンと灰原の素の関係を見れたというところがやっぱり嬉しかったです。

「名探偵コナン 紺碧の棺」の主題歌&挿入歌情報

七つの海を渡る風のように – 愛内里菜&三枝夕夏