アニメ

赤毛のアンの動画を1話から全話無料で視聴する方法

アニメ
この記事は約4分で読めます。
赤毛のアン 第1話「マシュウ・カスバート驚く」

「赤毛のアン」を視聴したい人のために、この作品の動画を配信しているVOD情報をまとめました。

無料で見る方法やキャスト情報や主題歌、実際に作品を視聴した人の感想も記載しているので、これから本作を視聴しようと思っている人の参考になれば幸いです。

「赤毛のアン」の動画を視聴する方法

「赤毛のアン」の動画は、動画配信サービスの「U-NEXT」で視聴可能!


U-NEXTは、月額1,990円で利用できるVODで、見放題+PPVの両方の作品を配信しています。

人気雑誌の電子書籍が読み放題、有料作品に使えるポイントが毎月1,200Pもらえるなどの特典が充実しており、初めての利用であれば31日間無料トライアル実施中!

「赤毛のアン」を1話から最終話まで全話視聴できるVOD情報

この情報は2019/12/20の情報を元に作成しています。現在は配信されていない可能性もあるので、最新の情報はVOD各社の公式サイトをご確認ください。
上記VODでは、初めての利用者向けに無料トライアルを提供しています。この期間内は、有料会員と同様にサービスを受けられ、対象の作品は見放題で視聴可能で、期間中に解約すれば料金は発生しません。これを上手く利用すれば、全話無料で視聴することが可能です。

一部VODでは、PPV(都度課金配信)、ゲオTVTSUTAYA TVに関しては、宅配レンタルの情報も含まれています。見放題ではない可能性もあるので、詳しくは各VODの最新配信状況をご確認ください。

「赤毛のアン」のエピソード一覧

話数各話タイトル
第1話マシュウ・カスバート驚く
第2話マリラ・カスバート驚く
第3話グリーン・ゲイブルズの朝
第4話アン・生立ちを語る
第5話マリラ決心する
第6話グリーン・ゲイブルズのアン
第7話レイチェル夫人恐れをなす
第8話アン日曜学校へ行く
第9話おごそかな誓い
第10話アン・心の友と遊ぶ
第11話マリラ・ブローチをなくす
第12話アン・告白する
第13話アン・学校へ行く
第14話教室騒動
第15話秋の訪れ
第16話ダイアナをお茶に招く
第17話アン、学校にもどる
第18話アン、ミニー・メイを救う
第19話ダイアナの誕生日
第20話再び春が来て[16]
第21話新しい牧師夫妻
第22話香料ちがい
第23話アン・お茶によばれる
第24話面目をかけた大事件
第25話ダイアナへの手紙
第26話コンサートの計画
第27話マシュウとふくらんだ袖
第28話クリスマスのコンサート
第29話アン・物語クラブを作る
第30話虚栄と心痛
第31話不運な白百合姫
第32話生涯の一大事
第33話クィーン組の呼びかけ
第34話ダイアナとクィーン組の仲間
第35話夏休み前の思わく
第36話物語クラブのゆくえ
第37話十五歳の春
第38話受験番号は13番
第39話合格発表
第40話ホテルのコンサート
第41話クィーン学院への旅立ち
第42話新しい学園生活
第43話週末の休暇
第44話クィーン学院の冬
第45話栄光と夢
第46話マシュウの愛
第47話死と呼ばれる刈入れ人
第48話マシュウ我が家を去る
第49話曲り角
第50話神は天にいまし すべて世は事もなし

「赤毛のアン」のあらすじ

カナダのプリンスエドワード島のグリーン・ゲイブルズに住むマシュウとマリラの兄妹は、孤児院から働き手の男の子を引き取ろうとしたが、手違いで空想好きな赤毛の女の子アンがやって来た。 始めはアンを孤児院へ戻そうとしたマリラたちだが、アンと話しをするうちに彼女を引き取ることを決める。 グリーン・ゲイブルズでの生活や、親友ダイアナや同級生ギルバートたちと過ごす学校生活の中で、失敗を繰り返しながらもアンは聡明な女性に成長していく。 成長したアンはクィーン学院を優秀な成績で卒業するが、マシュウの突然の死や老いたマリラのために大学進学をあきらめる。 ギルバートの計らいでアヴォンリーの学校教師になったアンは、長年反目しあってきたギルバートととうとう友人となるのだった。

>引用元URL

「赤毛のアン」のキャスト

キャラクター名声優名
アン・シャーリー山田栄子
マシュウ・カスバート槐柳二
マリラ・カスバート北原文枝
レイチェル・リンド夫人麻生美代子
ジェリー・ブート田中亮一
マーチン沢りつお
アレキサンダー・スペンサー夫人坪井章子
リリー・ジョーンズ貴家堂子
フローラ・ジェーン・スペンサー吉田理保子
ブルエット夫人京田尚子
ダイアナ・バリー高島雅羅
ミニー・メイ・バリー小山まみ
ジョセフィン・バリー川路夏子
バリー夫人武藤礼子
バリー氏依田英助
メアリー・ジョー中谷ゆみ

「赤毛のアン」の公式サイト&SNS

「赤毛のアン」の主題歌&挿入歌情報

きこえるかしら – 大和田りつこ